にきびの原因を知り正しいにきびケアをしましょう。

2009年05月29日

にきびができてしまう5つの要因/その5

にきびができる5つの要因の五つ目です。

5.遺伝

自分の努力でどうすることもできない分、
これはちょっとショックな要因ではあるのですが、
にきびにはやはり遺伝も関係しているのではないかとされています。
つまり、脂性の肌質が遺伝する、ということですね。

人種や民族によってもにきびのできる率には違いがありますし、
代々にきびができる家系もあります。

一卵性双生児の場合は、片方ににきびができれば
もう片方もできやすいとされています。

家族や親戚で昔おなじように悩んだことのある人がいるなら、
その人がどのように治したかを知れば
おそらくそれが一番いい治療法になる可能性が高いので、
身内にそのような体験をした人がいないか聞いてみるのも一つの手でしょう。

ただ、今は昔よりも進んだ治療法、薬、サプリメント、
化粧品等が数多くでていますし、
同じ家に住む者同士は食生活が同じなので
それが遺伝とみなされたケースも多いと思いますので、
遺伝については必要以上に気にしないほうがよさそうです。

以上の5つの要因のほか、
睡眠不足や肌に合わない化粧品やメイクの厚塗り、
便秘や偏った食事や不規則な食事時間、
汗による刺激や温度の高さ、
手や髪で皮膚が刺激を受けることや全身疲労、
そしてもちろんストレスなど、
さまざまな要因が重なってにきびができるといわれています。
posted by にきび対策ナビゲーター at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | にきびのでき方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120429016

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。