にきびの原因を知り正しいにきびケアをしましょう。

2009年05月17日

にきびの治療

にきび治療の第一は洗顔です。
洗顔の仕方を気を付けたり、自分に合ったにきび専用の洗顔料を使いましょう。

皮膚につく体脂肪や汗、メイクの汚れをそのままにしておくと、
肌トラブルが起きてしまいます。
化粧は油分が入っているので、
油分の入ったクレンジングできちんと落とすようにします。

次に刺激の少ない石鹸で
そのクレンジング材と汚れをしっかり洗い落します。

すすぎが肝心で、石鹸成分を残さないようにしっかりすすぎましょう。
くれぐれも強く洗いすぎないようにしましょう。


化膿しているにきびを絶対につぶしてはいけません。にきび痕が残ってしまいます。
赤にきびが10個以上になったら、皮膚科に行って治療を受けるようにしましょう。

皮膚科では、にきびの状態や肌質などにより、治療法をいくつか組み合わせます。
にきびは早く治療してにきび痕を残さないようにすることが重要です。にきび治療は保険が効きます。

にきび治療では、
抗生物質の外用薬でにきび菌を殺して毛穴の炎症を抑えます。
また、抗生物質の内服薬を使い、にきび菌を殺す作用に加え、
にきび菌の作るリパーゼ(皮脂を分解して赤い炎症を起こす脂肪酸を作る作用を持つ)の働きを抑えます

また、保険適用外ですが、
ケミカルピーリングやイオン導入などの処方も合わせて行うことがあります。


posted by にきび対策ナビゲーター at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | にきび 治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。