にきびの原因を知り正しいにきびケアをしましょう。

2009年06月03日

ドラッグストアで手に入るにきびの薬/塗り薬その1

ドラッグストアで手に入るにきび薬の種類も増えてきています。
私が以前使ったことがあるもの以外にも、さまざまなものが出ていました。

オロナインH軟膏(大塚製薬)

これも古くからある定番の塗り薬ですが、
時代と共に何度か主成分が変わりました。
今は、グルコン酸クロルヘキシジン(ヒビテン)が主成分なので、
名前にHがつくようになりました。

アンナザルベエース(エスエス製薬)

クリーム状の塗り薬です。のびがよく、塗ったあとが目立たずにべとつきにくいです。

ペアアクネクリーム(ライオン)

この塗り薬は洗顔フォームやクリーンローションという化粧水とシリーズ使いができます。
植物系のほのかな心地よいかおりが特長の、大人の肌トラブル用クリームです。

アクネージア薬用ジェル(ロート製薬)

これも大人のにきび用です。
生理前のにきび、乾燥肌なのにできるにきび、繰り返しできるにきびに有効です。
同シリーズには洗顔フォーム、ローション、
にきび跡の肌もケアしてくれる薬用ビタミンジェルも揃っています。

メンソレータムのアクネス(ロート製薬)

ジェル状の塗り薬の他、
洗顔フォーム、パウダーローション、治療薬、UVカットと揃っていて、
シリーズ使いができます。
小池徹平くんのCMが有名です。
posted by にきび対策ナビゲーター at 23:59| Comment(7) | TrackBack(0) | にきび 薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。